【実例】北斎場中2式場 家族葬20名様

  • 施行場所
    大阪市立北斎場
  • 火葬場所
    大阪市立北斎場
  • 親族
    20名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン34.8 [家族葬] 市民葬プラン34.8 [家族葬]
  • プラン内容
    ・寝台車(病院~自宅)
    ・寝台車(自宅~北斎場中2式場)
    ・遺影写真
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置 2日間
    ・司会者
    ・お棺
    ・仏衣
    ・名貴
    ・後飾り一式
    ・供養 通夜+当日 30個まで
    ・火葬料金 2万円まで
    ・案内看板
    ・出棺用花束
    ・役所斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
    ・親族一同供花1対 22,000円
  • 葬儀社への支払い
    ¥397,840(税込)
  • その他
    ・式場使用料金は60,000円は北斎場へ直接お支払い
    ・御寺院紹介 15万
    通夜・葬式・炉前・法名・初七日まで一式
    ・料理 20名×4,104 82,080円は料理屋へお支払い
  • 総費用
    ¥689,920(税込)

お葬式のご依頼から終了までの流れ

初めに昼過ぎくらいに問い合わせを頂き、34.8で考えてるのですが
とご相談を頂き、瓜破斎場での家族葬を希望されてました。

その日の夜9時過ぎくらいに連絡が入り、お葬式をお願いしますとの一報が入りました。

私は直ぐに大阪市立斎場予約システムで瓜破斎場の式場の予約状況を確認して、
北斎場もついでに確認しましたら、1日北斎場の方がお通夜の日程が早かったので、
直ぐにお客様に連絡をしどちらが良いですか?とお尋ねしました。

折り返し直ぐに連絡をさせて頂きますだという事で、一度お電話を切りお待ちしてました。

直ぐに連絡が入り、北斎場でのお葬儀をお願いしますとのことだったので、
斎場予約システムに再度アクセスし、北斎場の式場中2を予約してお客様に再度連絡をしました。

その日程でお願いしますとの事でしたので、寝台車を手配して病院までお迎えに上がりました。
病院から自宅に搬送させて頂き、枕飾りとお身体にドライアイスの処置をさせて頂き、打合せに入りました。

昼間に一度連絡を頂いていたので、プランも決まっており、
打合せをスムーズに終えその日は帰宅しました。

翌日の北斎場でのお通夜だったので、朝一から死亡診断書を天王寺区区役所に提出し、
埋火葬許可書に変更して、北斎場の式場と火葬予約を完了しました。

北斎場の式場は4時から飾る予定にしてました。
理由は、4時飾りにすると1日料金で6万円で借りれますので、
お客様の費用負担の軽減にもなるので、その様にさせて頂きました。

お通夜は7時からの開式で、遺族親族合わせて20名くらいで
北斎場での家族葬を執り行い、滞りなく終えました。

翌日の北斎場での葬儀は、10時開式でお通夜の時と変わらない人数で
お葬式の式典も進み、沢山のお供えのお花をお棺の中にいっぱいにして
10時50分くらいに柩台車にお棺を乗せて、親族様の手により
北斎場の2階にある火葬場へ無事に出棺しました。

出棺した後は近くのお料理屋に歩いて移動して頂き、
仕上げ料理を召しあがられてお骨拾いの時間までお待ち頂き、
北斎場でお骨上げの時間前に内線で当家お揃いですと声を掛けて
お骨拾いをされ料理屋に戻り、初七日法要を行い初七日を終えましたら、
随時ご散会して頂きお葬式の日程を終了しました。