【実例】安養寺別院 家族葬4名

  • 施行場所
    安養寺
  • 火葬場所
    大阪市立瓜破斎場
  • 親族
    4名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン37.5 [家族葬]
  • プラン内容
    ・寝台車(病院~自宅)
    ・寝台車(自宅~安養寺)
    ・寝台車(安養寺~北斎場)
    ・遺影写真
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置2日間
    ・司会者
    ・お棺
    ・仏衣
    ・名貴
    ・後飾り一式
    ・供養品(通夜+当日) 30個まで
    ・火葬料金 2万まで
    ・案内看板
    ・出棺用花束
    ・役所斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
  • 葬儀社への支払い
    ¥405,000(税込)
  • その他
    ・会館使用料 30,000円
    ・御寺院様紹介 1日葬 10万円 お葬式・戒名・式中初七日
    ・お食事 ご当家様でご準備
  • 総費用
    ¥535,000(税込)

お葬式のご依頼から終了までの流れ

初めに連絡を頂いたのは、2ヶ月ほど前に昨年そちらでお世話になった方の紹介で
お電話させて頂きましたと連絡を頂き、北斎場での家族葬を希望されてました。

それから2ヶ月後に亡くなったのでお葬式をお願いしますとの連絡を頂き、
先ず寝台車で病院までお迎えに上がり自宅に安置させて頂きました。

故人様にはドライアイスの処置をして枕飾りを用意させて頂き、
故人様に棺巻きを掛けさせて頂き打合せに入りました。

大阪市斎場予約システムで北斎場の式場と火葬の予約状況を見ましたら、
少し混み合っていたので北斎場の近くの安養寺別院の式場をご案内して、
北斎場は火葬の予約だけさせて頂きました。

プランは市民葬37.5で喪主様が決められ、供養品は使わないという事でしたので、
胡蝶蘭を祭壇に多めに入れさせて頂きました。

お葬式当日は、朝9時から飾り付けをさせて頂き、
故人様も9時過ぎに自宅にて御納棺させて頂き、
10時くらいに安養寺別院に移りました。

お葬式開式は12時からなので、
約2時間ほどお別れの時間を取らせて頂きお葬式を迎えました。

お葬式の中に初七日法要もお勤め頂きお葬式を終え、
お棺を中央に安置変えし、お棺の中にお花を手向けられて、
お手紙や好物の食べ物を納められて北斎場へ徒歩にて向かわれました。

北斎場に着きました、喪主様はエレベーターでお棺とともに二階に上がられ、
後の遺族様はエレベーターにて二階に上がられ、お寺様のお経を頂き、
1つまみ一回焼香にてお別れをして頂き、炉の扉が閉まりました。

その後、お骨上げまでの約2時間、近くのお食事処に行かれて
約2時間後に北斎場の市民休憩室にお戻り頂き、
火葬入場した炉の所に集まりお骨上げを済まされ散会されました。