【実例】月江院 家族葬 10名

  • 施行場所
    月江院会館
  • 火葬場所
    大阪市立瓜破斎場
  • 親族
    10名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン27.5 [家族葬]
  • プラン内容
    ・寝台車(病院~月江院)
    ・寝台車(月江院~瓜破斎場)
    ・遺影写真
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置2日間
    ・式進行
    ・お棺
    ・仏衣
    ・名貴
    ・後飾り一式
    ・火葬料金 2万円まで
    ・案内看板
    ・出棺用花束
    ・役所/斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
  • 葬儀社への支払い
    ¥302,500(税込)
  • その他
    ・式場使用料 50,000円
    ・安置料金2泊 20,000円
    ・スタッフ 30,000円
    ・御寺院紹介 100,000円
  • 総費用
    ¥502,500(税込)

お葬式のご依頼から終了までの流れ

最初、連絡を頂いた時に瓜破斎場で家族葬を希望されてました。
しかし、冬の時期は火葬場と瓜破斎場式場も予約が混み入っており、
お葬式の日にちを少しでも早く執り行いたいとの事でしたので、
住吉区の提携のお寺のお話をさせて頂いたら、そちらでの家族葬を希望されましたので、
霊安室に一旦、搬送させて頂き、お葬式の日程と内容をお決め頂きました。

こじんまりと故人様を送りたいとの希望で、市民葬27.5を選ばれ、
お通夜もお葬式当日のお食事も当家様で準備されると言うことでした。

お葬儀当日だけお寺様に読経を頂くようになってましたので、前日のお通夜になる日には、祭壇などを設置して故人様との最後の夜をお過ごしになられました。

I日葬当日は、朝から司会者と家族葬の打合せをさせて頂き、
定刻のお時間に式場へ導師様をお迎えして、家族葬を開式させて頂きました。

お葬式の中に初七日法要も組込み、その後にお棺の蓋を開けて故人様と最後のお別れをして頂き、
お花など副葬品などを納めて寝台霊柩車と自家用車3台で瓜破斎場へ出棺されました。

瓜破斎場で火葬入場を済ませ、瓜破斎場の市民休憩室にて2時間ほどお待ちになられて、
お骨上げを済まされお帰りになられました。