【実例】北斎場式場2 家族葬15名様

  • 施行場所
    大阪市立北斎場
  • 火葬場所
    大阪市立北斎場
  • 親族
    15名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン34.8 [家族葬]
  • プラン内容
    ・寝台車(病院~自宅)
    ・寝台車(自宅~北斎場式場)
    ・遺影写真
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置 2日間
    ・司会者
    ・お棺
    ・仏衣
    ・名貴
    ・後飾り一式
    ・供養 通夜+当日 30個まで
    ・火葬料金 2万円まで
    ・案内看板
    ・出棺用花束
    ・役所斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
    ・親族一同供花1対 22,000円
    ・スタッフ 30,000円
  • 葬儀社への支払い
    ¥427,840(税込)
  • その他
    ・式場使用料 60,000円 北斎場へ直接お支払い
    ・お料理代 4,298×15=64,476円
    ・ご寺院紹介 浄土真宗 15万
  • 総費用
    ¥702,316(税込)

お葬式のご依頼から終了までの流れ

初めに連絡を頂いた時に、取り敢えず病院側が早めにお迎えに来て頂いて下さいとのお話しで、
遺族様も動揺した感じでお電話頂きました。
搬送をさせて頂くお話をしましたが、一旦自宅を片付けてからお願いしますとの事でした。

病院にお迎えに上がり、御自宅まで搬送させて頂き、
枕飾りとドライアイスの処置をさせて頂き打合せをしました。

葬儀費用を抑える意味でも、北斎場の式場か鶴見斎場の式場をお勧めしました。

式場と火葬場が敷地内にあるため、出棺の時の霊柩車やマイクロバスの費用が不要になるのと
皆様の御移動する身体の負担も軽減出来るのでお勧めしました。
北斎場の方が交通が便利なので北斎場をお勧めしました。

打合せも終え、死亡診断書を預かり、遺影写真を預かり、失礼しました。

翌日は、死亡診断書を役所に提出して埋火葬許可紹介にして
北斎場の式場と火葬手続きをら済ませて終了しました。

お通夜当日は、お客様の葬儀費用の軽減のために、
16時飾りにさせて頂き、1日の使用60,000円にさせて頂きました。

因みに、昼間から借りると1日半なの使用料金になるので、80,000円になります。

お通夜当日は19時通夜にして頂き、一般の方は弔問にお見えにならないとの事だったので、
ご当家様に相談して少し早めにお通夜を開式をさせて頂きました。

お通夜も滞りなく終え、親族の人数も少なかったので親族控室にて
通夜振る舞いを召し上がられました。

お通夜の日は、翌日までお泊まり頂き、故人様との最後の夜をゆっくり過ごされました。

お葬式当日は、知り合いの方も少しお見えになられ開式しました。

お葬式を終了して、お棺を式場中央に安置してお花を手向け頂き、
故人様が好きだったお酒で末期の水を済ませて、
タバコを副葬品として納めて、二階にある北斎場の火葬場に無事に出棺しました。

北斎場に火葬入場後は、近くにあるお料理屋さんにて仕上げ料理を召し上がられて、
お骨拾いまでの2時間お待ち頂き、お骨拾いの時間に北斎場にお越し頂き、
お骨拾いを済まされ、もう一度お料理屋に戻り初七日法要を済まされ、
全日程を終了してご散開されました。