【実例】北斎場 家族葬10名

  • 施行場所
    大阪市立北斎場
  • 火葬場所
    大阪市立北斎場
  • 親族
    10名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン37.5 [家族葬]
  • プラン内容
    ・寝台車(病院~預かり安置)
    ・寝台車(安置~北斎場中式場)
    ・遺影写真
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置2日間
    ・お棺
    ・仏衣
    ・名貴
    ・後飾り一式
    ・供養品 通夜・当日最大30個まで
    ・火葬料金 2万円まで
    ・案内看板
    ・出棺用花束
    ・役所/斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
    ・親族一同供花1対 33,000円
    ・付き添い安置1日追加 11,000円
  • 葬儀社への支払い
    ¥456,500(税込)
  • その他
    ・御寺院紹介 1日葬 10万円
    ・お葬式お料理 4,980×10=49,800円
    ・北斎場式場使用料 1日 20,000円
  • 総費用
    ¥626,300(税込)

お葬式のご依頼から終了までの流れ

ある日の朝方に連絡を頂き今月の初めにお世話になりました〇〇と申します。
と連絡が入りお父様が逝去されお葬式をお願いしますとの再度の御依頼でした。
今月の初めにお母様を亡くされ同じ月にお父様を他界され、遺族様の心情を考えると心が痛みました。

寝台車を手配して病院までお迎えに上がり、故人様だけを預かる安置所に向かい、
遺族様は病院でお見送り頂き病院で打合せさせて頂きました。

前回は北斎場の近くのお寺の式場を借りて執り行いましたが、
少し狭かったので北斎場式場でのI日葬をお考えになられて、
大阪市立斎場予約システムにアクセスして北斎場のページに入り、
北斎場の式場と火葬の予約をさせて頂き日程を確定しました。

少しお葬式まで日にちがありましたが、お待ちになって執り行うとの事で、
預かり安置はプランに2日間含まれてますがI日分追加料金を頂きました。

プランは市民葬37.5を選ばれ胡蝶蘭が入っており、お通夜・お葬式の焼香を済ませた後、
お渡しする供養品も合計30個入って大阪市民の火葬料金まで含まれているので、このプランで決まりました。

昼過ぎ自宅に伺い、死亡診断書と遺影写真に使うお写真を預かり役所に死亡届を出し、
火葬許可書に変えて大阪市立北斎場の式場と火葬の手続きを済ませてその日を終えました。

お葬式当日は、大阪市立北斎場式場中2を朝9時から飾り付けさせて頂き、10時過ぎに遺族様にお越し頂き、お葬式開式までの時間お過ごし頂き、13時より開式させて頂きました。

初七日法要も式中に済まされ、お葬式も滞りなく終え、お棺を中央に安置してお供えのお花や祭壇のお花を故人様に手向けて頂き、思い出品々をお棺の中へ納めて、近親者の手に抱かれて大阪市立北斎場へ出棺されました。

北斎場でのお別れを済まされ、お骨上げまでの2時間お食事を召し上がりお待ち頂きました。

お骨上げに再度大阪市立北斎場の2階の市民休憩室にお越し頂き、遺族、親族様が揃いましたら内線で事務所に連絡して、火葬入場した炉の番号が掲示板に灯りましたら、お骨上げに炉前までお越し頂きお骨上げを済まされ散会されました。