【実例】北斎場 小式場 家族葬10名

  • 施行場所
    大阪市立北斎場
  • 火葬場所
    大阪市立北斎場
  • 親族
    10名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン27.5 [家族葬]
  • プラン内容
    ・寝台車(病院~自宅)
    ・寝台車(自宅~北斎場)
    ・遺影写真
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置2日間
    ・式進行
    ・お棺
    ・仏衣
    ・名貴
    ・後飾り一式
    ・火葬料金 2万円まで
    ・案内看板
    ・出棺用花束
    ・役所/斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
  • 葬儀社への支払い
    ¥302,500(税込)
  • その他
    ・式場使用料 30,000円
    ・お料理はお客様が準備
    ・お布施 菩提寺のため不明
  • 総費用
    ¥332,500(税込)

お葬式のご依頼から終了までの流れ

初めに昨年に一度ご紹介頂いたお寺様よりご縁を頂き連絡させて頂きました。
寝台車とともに病院までお迎えに上がり、故人様は故人様だけを預かる安置所に向かうために病院でお見送り頂きました。
その後は病院の一室で打合せをさせて頂き、家族だけで見送るという事で市民葬27.5を選ばれました。

最初は大阪市平野区にある大阪市立瓜破斎場式場での家族葬を希望されてましたが、
大阪市立斎場予約システムで瓜破斎場の式場の確認をしましたら、
4日後のお通夜日程でしたので、大阪市立北斎場式場と火葬の予約を確認しましたら
2日後のお通夜日程でしたので、北斎場での家族葬をお勧めさせて頂き、
大阪市立北斎場式場での家族葬で決まりました。

お通夜の飾り付けをさせて頂き、お通夜の時間より少し早めにお越し頂き、
故人様との時間をお過ごし頂きお通夜を迎えて頂きました。

お通夜も滞りなく終え、その後は式場でお食事を準備されて翌日までお過ごしになられました。

お葬式当日も家族葬で執り行うために開式までお棺の中へ納める物をお棺の上に飾ったり、
お供えしたりされてお葬式開式まで過ごされました。

お葬式も滞りなく終え、祭壇のお花をお棺の中へ手向けて頂き、
お供物や手紙などをお棺の中へ納めて近親者の手に抱かれて大阪市立北斎場へ出棺されました。

火葬入場はひとつまみ一回焼香にてお別れ済まされ、お棺は炉の中に納まりお別れを済まされました。

お骨上げは2時間後になるため個々でお食事に出掛けられて、
お骨上げ前に大阪市立北斎場の市民休憩室にお戻り頂きお骨上げを済まされお帰りになられました。