【実例】堺市立斎場 家族葬20名

  • 施行場所
    堺市立斎場
  • 火葬場所
    堺市立斎場
  • 親族
    20名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン48.8 [家族葬] ¥536,800 (税込)
  • プラン内容
    ・生花祭壇 360センチ
    ・寝台車(病院~自宅)
    ・寝台車(自宅~堺市斎場)
    ・遺影写真
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置2日間
    ・司会者
    ・セレモニースタッフ
    ・通夜料理10名様分 ※他社は別途費用
    ・供養品 通夜 ・当日最大50個まで ※他社は別途費用
    ・お棺
    ・仏衣
    ・火葬料金 2万円まで
    ・出棺用花束
    ・後飾り一式
    ・名貴
    ・案内看板
    ・役所/斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
    ・親族一同供花 33,000円
    ・湯灌 77,000円
  • 葬儀社への支払い
    ¥646,800 (税込)
  • その他
    ・お通夜料理は10名分プラン内
    ・当日料理4180×20=83,600円は料理屋へ直接支払い
    ・御寺院様 菩提寺のため不明
    ・堺市斎場式場使用料 70,000円は直接お支払い
  • 総費用
    ¥800,400 (税込)

お葬式のご依頼から終了までの流れ

一年ほど前に一度連絡を頂き取り急ぎ資料をポストに投函させて頂きました。
それから一年が経ち、かなり厳しいとのお話しを頂き、お葬式の準備をしておきたいと連絡が入り、
堺市斎場で待合せをして見積りを出させて頂きました。

それから2週間ほど経った夜中に連絡が入り、ご主人様が亡くなったのでお願いしますとの依頼でした。
寝台車とともに病院へお迎えに上がり、自宅まで搬送させて頂き、ドライアイスを充て枕飾りを設置させて頂き、見積りを元に再度、打合せをさせて頂きました。

ほぼ事前相談の見積もり通りで、お湯灌は絶対にしてあげたいと娘様からの希望でお湯灌を追加されました。
翌日のお通夜日程でしたので、和歌山から菩提寺様がお見えになり、お通夜前にお湯灌の儀を執り行い、堺市立斎場へ搬送させて頂きました。

式場に着き次第司会者と打合せさせて頂き、お通夜を迎えることになりました。

通夜は7時から開式させて頂き滞りなく終え、親族控室にてお食事を召上がり、翌朝までの最後の夜を過ごされました。

お葬式当日は弔電の打合せなどを済ませて、色紙に寄書きをして頂き祭壇に飾りお葬式を迎えました。
お葬儀も滞りなく終え、お棺の中へお供えのお花や祭壇のお花を故人様に手向けられ、
色紙やお供え物もお棺の中に納めて隣の堺市斎場へ出棺されました。

堺市立斎場への火葬入場を終え式場横の親族控室にてお骨上げまでお待ちになられました。
本来なら仕上げ料理を準備する予定でしたが、コロナの加減で取りやめになり、
お骨上げを収骨室まで行かれお骨上げを済まされ元の式場で初七日法要を済まされお帰りになられました、、