【実例】あべの家族葬ホール 家族葬

  • 施行場所
    あべの家族葬ホール
  • 火葬場所
    大阪市立瓜破斎場
  • 親族
    10名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン34.8 [家族葬]
  • プラン内容
    ・寝台車(病院~月江院安置)
    ・寝台車(月江院安置~あべの家族葬ホール)
    ・寝台車(あべの家族葬ホール~瓜破斎場)
    ・遺影写真
    ・司会者
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置2日間
    ・お棺
    ・仏衣
    ・後飾り一式
    ・名貴
    ・火葬料金 2万円まで
    ・案内看板
    ・出棺用花束
    ・役所/斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
    ・親族供花一同22,000円
    ・付き添い安置10,000円
    ・御寺院様 菩提寺のため不明
    ・式場使用料5万円は直接お寺へお支払い
  • 葬儀社への支払い
    ¥429,240(税込)
  • その他
  • 総費用

<

お葬式のご依頼から終了までの流れ

先月末くらいに連絡を頂き、生前のお見積りをして欲しいとの事で、
ご依頼が有りお見積りに伺いました。
ほぼ親族10名くらいでお見送りしたいと仰られ、何件かお見積りをされてた様で、
その内の1社が、大手葬儀社でのお見積りが150万くらいのお見積りにビックリされてました。

家族葬であんまり派手にされたくないとのことでしたので、
ご自宅の近くの家族葬ホールをお勧めし、ご自宅から近いのて、助かりますと仰られてました。

それから2週間くらい後に突然連絡があり、父が亡くなったのでと連絡があり、ご縁を頂きました。

事前相談のときのお見積りとほぼ金額も変わらず打合せをし、
お通夜・お葬儀の日程が決まりました。

市民葬34.8には、供養品がお通夜・お葬式合わせて最大30個までプランに入ってますが、
親族様がそこまで人数がいて居ないので、お供養品を使用しないと言うことだったので、
使用しない数量を祭壇中央に胡蝶蘭を生けさせて頂きました。

お葬式、最後のお別れの時に故人様のお顔周りに胡蝶蘭を手向けて、
故人様のお顔周りを胡蝶蘭で綺麗に飾られお別れを済まされ、
大阪市平野区にある瓜破斎場へ無事に御出棺されました。

お骨上げの時に、大阪市立瓜破斎場の職員様から残った御遺骨は、
大阪市が責任を持って瓜破斎場の敷地内にある共同埋葬墓地に埋葬します
と説明をされて、全てのしきてが無事に終了しました。