【実例】瓜破斎場 家族葬5名

  • 施行場所
    大阪市立瓜破斎場
  • 火葬場所
    大阪市立瓜破斎場
  • 親族
    5名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン27.5 [一日葬]
  • プラン内容
    ・寝台車(病院~霊安室)
    ・寝台車(霊安室~瓜破斎場)
    ・遺影写真
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置2日間
    ・式進行
    ・お棺
    ・仏衣
    ・名貴
    ・後飾り一式
    ・火葬料金 2万円まで
    ・案内看板
    ・出棺用花束
    ・役所/斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
  • 葬儀社への支払い
    ¥302,500(税込)
  • その他
    ・式場使用料 12,000円
    ・安置料金1日 11,000円
    ・湯灌 77,000円
    ・スタッフ1日 15,000円
  • 総費用
    ¥417,500(税込)

お葬式のご依頼から終了までの流れ

最初に連絡を頂き突然お亡くなりになられて、家族様も同様される中連絡を頂きました。

自宅に伺い簡素に送ってあげたいとの事で市民葬27.5を選ばれました。

亡くなられてI日経ってからの発見でしたので、
当家様も湯灌をして上げたいとの希望で、湯灌をオプションで追加されて、
瓜破斎場式場での1日葬の見積りをさせて頂き、お考え頂く後のことで帰りました。

事務所に着く直前に、当家様より連絡を頂き、お世話になりたいとの事でしたので、
再度、自宅に伺い御見積もりをさせて頂き、翌日の警察迎えの連絡を待ちました。

翌日に警察の方から家の方に夕方のお迎えになりますとの事でしたので、
棺を準備して寝台車とともに森ノ宮の大阪監察医事務所にお迎えに上がり、
自宅に帰らず、故人様だけ預かる一時預かりの霊安室に安置させて頂きました。

瓜破斎場式場のI日葬の前日に、湯灌の会社で御湯灌をさせて頂き、翌日のお葬式を迎えて頂きました。

瓜破斎場式場は、朝9時から飾り付けをさせて頂き、10時くらいに式場にお越し頂き、
I時間ほど過ごして頂きお葬式を開式させて頂きました。

お葬式も滞りなく終え、当家様の希望により式中初七日での法要の読経も頂き、
お棺の蓋を開けて祭壇のお花を切らせて頂き、故人様に手向けられてお別れをすまし、
隣の火葬炉の瓜破斎場へ出棺しました。

瓜破斎場では一回焼香にてお別れを済まして頂き、
炉の中にお棺を納めてお別れを済まされました。

瓜破斎場での火葬入場を済まされ、お骨上げまでの約2時間少しでられて、
再度、瓜破斎場にお戻り頂きお骨上げを済まされ、お帰りになられました。