【実例】堺市斎場 家族葬

  • 施行場所
    堺市立斎場
  • 火葬場所
    堺市立斎場
  • 親族
    15名
  • 会葬者
    なし
  • 施行プラン
    市民葬プラン48.8 [家族葬]
  • プラン内容
    ・生花祭壇 360センチ
    ・寝台車(病院~自宅安置)
    ・寝台車(自宅~堺斎場第二式場)
    ・遺影写真
    ・ドライアイス2日間
    ・預かり安置2日間
    ・司会者
    ・セレモニースタッフ
    ・通夜料理 10名様分  ※他社は別途費用
    ・供養品(通夜+当日) 最大50個まで  ※他社は別途費用
    ・お棺 
    ・仏衣
    ・火葬料金 2万まで  ※他社は別途費用
    ・出棺用花束
    ・後飾り一式
    ・名貴
    ・案内看板
    ・役所斎場手続き
    ・運営スタッフ
  • オプション
    ・親族一同供花 33,000円
  • 葬儀社への支払い
    ¥560,040(税込)
  • その他
    ・お料理代 通夜料理プラン内
    ・当日料理4104×15=61,560円は料理屋へ直接支払い
    ・堺市斎場の式場使用料 7万は直接斎場へ支払い
    ・御寺院様 菩提寺のため不明
  • 総費用
    ¥691,600(税込)

お葬式のご依頼から終了までの流れ

以前にお世話させて頂いたお客様からの再度の御依頼を頂き、
堺市斎場で葬儀をお願いしますとの事でした。

先ず、堺市斎場予約システムで予約状況を確認して最短のお日にちで
式場の予約をさせて頂き、その後、病院にお迎えに上がり、自宅まで搬送させて頂きました。

自宅に着き、故人様にドライアイスをお身体に処置させて頂き、
線香・ローソクの枕飾りを設置させて頂き打合せに入りました。

前回は、数年前に依頼頂いた時に堺市立斎場の式場での安置家族葬を施行させて頂き、
堺市斎場の式場の便利さを気に入られて再度の依頼となりました。

今回は、堺市立斎場の式場がリニューアルされてご利用になられたので、
そのときに比べてまた一段と綺麗な市営斎場ですね!と仰ってました。

プランも市民葬48.8を選ばれました。
理由は、生花祭壇の大きさが360センチあり、通夜料理も10名様分・供養品も
最大50個付いてるのと、火葬料金も堺市民の市内料金20,000円まで
プランに入ってる事が決め手となりました。

打合せの段階で供養品も通夜・葬儀合わせて50個も使用しないので、
予めその未使用分は胡蝶蘭に充当させて頂きました。

お通夜も、しめやかに執り行われ、通夜振る舞いも堺斎場の施設内にある待合室は、
21時までしか利用出来ないため、20時45分くらいには式場の横の親族控室で翌日まで過ごされました。

堺市立斎場式場は21時以降は、線香・ローソクを灯すことは出来ません。
堺市の条例で決まってますので、式場使用の遺族様は全てその様にして頂いてます。

翌日もお葬式は滞りなく終え、お棺の中にお花をたくさん入れられて
隣の堺市斎場へ柩台車にお棺を乗せて出棺されました。

火葬入場後は、堺市立斎場の待合室に移動して、骨上げまで料理を召し上がられ、
お骨拾いの時間にお部屋の内線でお骨拾いに向かいますのでと案内があり、
堺市斎場の職員さんが部屋まで迎えに来て、遺族・親族を収骨室まで案内して、
お骨拾いを済ませ元の式場に戻り初七日法要をされます。

初七日法要が済みましたら、お帰りの準備をされてご帰宅されます。